忍者ブログ

エディの制作日記

エディの徒然適当制作日記です。 ゲームを作ったり、小説を書いたりしてます。 しかし、最近はブログよりツイッターが中心になってたりして。 代表作は「クラリスの王国地図作成記」、「ギルド・マスター」、それと「ドラグーン」もヨロシクネ♪

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新裏人物紹介

 ガシガシ執筆中の魔剣の勇者。
 今回も正規版では決して書いてはいけない、裏人物紹介の改訂版です。
 
(以下、原作のシリアスを破壊する可能性があるので、つづきからお読みください)

(ここに書かれている内容は、本編の16回までのものです)
 
・クラウ
 元黒衣の部隊の指揮官にして主役。
 主役補正の力によってハーレムパーティーの隊長になる。
 彼にはきっとギャルゲー主人公の素質があるのだろう。
(もっとも、作者はギャルゲーが苦手なので一度もプレーしたことがないけど…)
 
・アリサ
 クラウの妹で、元黒衣の部隊では魔法槌を持つ魔導兵。
 妹属性。ついでに背が低いので、幼女属性のおまけつき。
 当初ヒロイン候補の一人だったが、さて実際にはどうなのやら?
(作者は幼女趣味ではないです。ただ、『クラリスの王国地図作成記』のゲームシナリオを書いて以降、ちょっと自信がなくなってきました)
 
・ユエメイ
 元黒衣の部隊で、アリサの護衛役。
 (物語の)伝統的に乗っ取り、クールに見えて実は心の中でクラウを慕っています。
 作者がこの子が好きなんです。それで補正がついちゃったw
 メインヒロイン候補ですw
(作者はクールな大人の女性が大好きです)
 
・ファンとリー
 元黒衣の部隊で、アリサの護衛役。
 漫才コンビ。大阪弁でもしゃべってくれるとイイノニナ~。
 婦女子属性のあるこの子たちが、はたしてヒロイン候補になれるのだろうか?
 それは続きを読んで確認してくれw
(作者は、当初ユエメイ、ファン、リーは、アリサの護衛の三人乙女程度に考えてました。なので名前すらありませんでした。それを思えば大出世)
 
・クレスティア宰相
 アースガルツ帝国の宰相。
 囚われのお姫様…じゃなくて囚われの女帝様としてヒロイン街道驀進中(???)
 この物語のヒロインは果たして誰なんでしょうね?
(作者は、この方を信奉するために、この物語を執筆しています)
 
・ガルヴァーン将軍(魔王ナイトメア)
 アースガルツ帝国第三軍団の将軍。だが魔王として正体をあらわす。
 残酷残忍腹黒暗黒大王です。配下の三魔将軍は、ただの道具扱いです。
 まさにゲームのラスボスにふさわしい男です。
 でも大陸の支配者に求婚するために、その心を奪ってただの人形にしているので、ただのチキン野郎に間違いない!
(作者は、吠える。「おのれ、俺の陛下に何をする!」
 …作者が小説の中に入りすぎて、壊れてますw) 
 
・霊将ユナトス
 魔族三将の一人。魔都ローヴァンナイトで、魔王の代わりを務める。
 冥王とか、冥将と呼んでいいですが、ここは「お化け使い」と呼んであげてください。ついでにゲームでは「魔物使い」なんて職業があるので、ついでに「妖怪使い」なんて職業も、あるかもしれませんね?
(この人は作者の予想を裏切りまくって、大活躍してくれましたw)
 
・堅将ゴリアス
 魔族三将軍の一人。
 こんな人いたっけ?
 三魔将軍の中で、一番どうでもいい扱いをされた、その辺の石ころ。その存在感は、スライムを下回る。
(作者は、ユナトスもどうでもいいキャラ扱いにするつもりだったのですが、いつの間にか大活躍してました。そのせいで、ゴリアス一人だけ空気扱いにw)
 
・翼将フリューバー
 帝都を奇襲した魔族三将軍の一人。
 ぜひまた高笑いをしながら活躍させてあげたい人。とはいえ、魔将軍は全滅したので、もう出番がないけどw
(ホーッホッホッホッホッ。アーッハッハッハッハッ)
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ツイッター

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

忍者アナライズ

ブログ内の利用素材元

Copyright ©  -- エディの制作日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ